Exclusive対談 Vol.2

ヨーヨーコレクターの柳 高志 氏 , 共輪 / セントラルアメリカンの桂 秀男 氏 , FRESHTHINGS®︎ 代表 鈴木 裕之

鈴木 裕之 (以下 H) : セントラルアメリカンヨーヨーは日本のヨーヨーの歴史を語る上で外せないと思うのですが、当時の実際の資料とか、お話聞かせていただけますか?

桂 秀男(以下 K) : 1975年、僕の叔父の共輪という会社が某ドリンクメーカーC社から依頼を受けて日本で唯一C社のヨーヨーを製造していました。僕はデモンストレーターもやったりしたんです。共輪のオリジナルブランドとしてロゴを変えて1976年から売り出したのがセントラルアメリカンヨーヨーです。

柳 高志 (以下 Y) : Made in Japan のC社のヨーヨーを、共輪が唯一作っていたということですよね。すごい歴史です。

K : そうです。共輪の社員はみんなヨーヨーを練習して、チャンピオンとしてデモンストレーションしたり、1977年にはデパートの屋上で大会も行われました。
セントラルアメリカンヨーヨーのトリックブックなんかも作ってたんですよ。これが当時の僕です。 (写真)

当時のトリックブック
開くと桂氏の写真が。

H,Y : わーほんとだ!桂さんだ!

H : 今でもヨーヨーはたまに触られたりしますか??

K : 今でも”三日月” くらいはできますよ。

H : 流石です!日本の会社が、C社のヨーヨーをオフィシャルで製造して、同じ金型でオリジナルのヨーヨーを展開していた歴史、しかもキャンペーンをしっかり行なっていたっていう歴史はすごく興味深いですよね。現在最先端のヨーヨーブランドである僕らが、許されるのであればセントラルアメリカンヨーヨーを復刻させて歴史を伝えたいのですが、桂さんご協力いただけませんか?

K : もちろん良いですよ。チャンピオンの会社が、セントラルアメリカンを復刻してくれるなんて嬉しいことです。柳さんとも以前から当時の歴史を色々お話ししてますし。

H : ありがとうございます!すぐに取り掛かります!今回は、ヨーヨーだけでなくアパレルやグッズも合わせたコレクションにしたいです。

K : 出来上がりが楽しみすでね!

Y : これはアツいですねー!ヨーヨーコレクター、歴史好きとしてはセントラルは絶対に外せないというか、セントラル知らなかったら”モグリ” ですからね 笑

セントラルアメリカンヨーヨー BY FRESHTHINGS